千葉県公立高校合格最低点を視覚化「合格ライン」導入

公立高校合否診断「合格ライン」
合格に向けた最適なツール「合格ライン」

一般的に、千葉県公立高校の合格最低点を知ることは難しいです。
しかし、育英進学スクールでは「合格ライン」というツールを使い、各年度の各高校の合格最低点を知ることができます

この合格ラインというツールは、入試間近で最も力を発揮するツールと言えます。これまで何年も使ってきた経験から言ってもほぼ確実に年度ごとの合格最低点を知ることができます。またそれを元に生徒との面談を実施し、現在の学力と志望校との差を生徒に理解させ、学習量を各段に上げることができています。保護者の皆様からも、この「合格ライン」と過去問対策は大変ご好評いただいています。

育英進学スクールが公立高校への合格率が高い理由がここにあります。

育英では過去問を解くことを推奨していますが、それはあくまで11月~12月付近になってから。それまでは別の入試対策教材を解きます。それよりももっと早い段階で過去問を解かないのはインプット量不足など理由がありますが、インプット不足を補う手段としての過去問の使い方もあります。それはまた別の時にご説明します。

過去問は生徒にとっても、 年度が限られているため貴重なものです。ただやみくもに解くのはもったいない。 難しい問題に当たったときの時間配分など、本番さながらに臨むのが一番おススメです。

しかし、そんな価値ある過去問を十分に活かせていない生徒が少なくありません。

こんなことはありませんか?
もったいない過去問の使い方として箇条書きにすると…

・過去問を解いたは良いが、解きっぱなし…。
・その点数が志望校に対してどうなのか、お構いなし。
 →「5科目でだいたいこのぐらい」という年度別の難易度を無視した意識。
・各科目で志望校の合格者がどのくらいの点数を取っているのかわからない。
・各科目ごとの入試合格最低点の基準に照らして、インプット・アウトプット不足について指示がない。

などなど。上記の内容は、一人で受験勉強をしていればもちろんわからないことばかりですが、塾に通っていたとしてもその塾の情報力が不足していれば上記問題点は解決されないことが多いかもしれません。

合格診断ツール「合格ライン」

そんな志望校との差を視覚化し、生徒の学習意欲・学習量を倍増させてくれるツールを、育英進学スクールは惜しみなく活用しています。

ページ上部へ戻る